新設住宅着工戸数が9ヵ月連続で減少


新設住宅着工戸数が9ヵ月連続で減少

国土交通省は、2024年2月の建築着工統計を公表しました。同月の新設住宅着工戸数は5万9,162戸(前年同月比8.2%減)と、9ヵ月連続で前年同月を下回りました。新設住宅着工床面積も452万2,200平方メートル(同13.1%減)で、13ヵ月連続の減少となっています。

背景と影響

今後の展望

  • 短期的にはウクライナ侵攻や感染拡大の影響で着工戸数が落ち込む可能性がありますが、長期的には現在の傾向を維持して減少していく見通しです。
  • 一方で、既存住宅流通量やリフォーム市場規模は増加する見込みです。

不動産市場の動向を注目しながら、投資や購入を検討される方々にとって参考になる情報です。12


※ この記事は、最新の不動産市場の動向を簡潔にまとめたものであり、具体的な投資判断や行動については専門家のアドバイスを仰ぐことをおすすめします。

心カンパニーおすすめの周辺物件

ご希望の条件を選択して下さい(複数可)
物件種別 (売買)
路線駅
JR総武本線
エリア (市区)
千葉県
築年数
価格 ~ 
駅徒歩
間取り
面積 ~ 
条件・設備
(絞込み)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Fudousan Plugin Ver.6.2.0