相続の承認・放棄の種類と注意点

相続の承認と放棄

相続の承認・放棄の種類と注意点

被相続人が亡くなった場合、相続人は被相続人の権利義務を承継することになります。しかし、相続するかどうかは強制ではなく、相続しない場合は相続の承認・放棄を行う必要があります。

相続の承認・放棄の種類

相続の承認・放棄には、以下の3種類があります。

  • 単純承認
  • 限定承認
  • 相続放棄

単純承認

単純承認とは、被相続人の権利義務をすべて承継する方法です。相続財産に債務があっても、相続人の固有財産で責任を負うことになります。

限定承認

限定承認とは、被相続人の債務を相続財産の範囲内でのみ承継する方法です。相続財産が債務よりも少ない場合は、相続人は債務を負担することはありません。

相続放棄

相続放棄とは、被相続人の権利義務を一切承継しない方法です。相続放棄をすると、相続財産の一切を失うことになります。

相続の承認・放棄の期間

相続の限定承認・放棄は、相続開始を知ってから3か月以内に行う必要があります。この期間を熟慮期間といいます。熟慮期間内に相続の承認・放棄をしなかった場合は、単純承認をしたものとみなされます。

相続の承認・放棄の注意点

相続の承認・放棄は、相続財産の調査が前提となります。相続財産に債務があるかどうかをしっかりと確認してから、相続の承認・放棄を決めるようにしましょう。

まとめ

相続の承認・放棄は、相続人の権利義務に大きな影響を与える重要な行為です。相続財産の調査を慎重に行い、自分に合った相続の承認・放棄をするようにしましょう。

心カンパニーおすすめの周辺物件

賃貸マンション:稲毛ファミールハイツ5号棟

分譲住宅:ブルーミングガーデン 千葉市稲毛区宮野木町1棟

中古マンション:

【ペット相談可】売買中古マンション 西千葉パーク・ホームズ
ご希望の条件を選択して下さい(複数可)
物件種別 (売買)
路線駅
JR総武本線
エリア (市区)
千葉県
築年数
価格 ~ 
駅徒歩
間取り
面積 ~ 
条件・設備
(絞込み)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Fudousan Plugin Ver.6.2.0